詳細ページ

カルプ材を使った立体文字 うどん屋さんの看板 


※写真をクリックすると拡大画像がでます。

カルプ材を使った立体文字 うどん屋さんの看板

▼詳細
厚みをつけて凸凹を活かす。

立体は看板が主張してくれているように感じます。

立体の文字はサイズに合せた厚さにする必要があります。
文字サイズに対して厚すぎると、文字が読めません。
常に正面から見ていればいいのですが、その様な事はまずないでしょう。
看板は目線より上に付いている場合が多いですし、必ず斜めから見ています。

文字サイズに対しての厚みを考慮しましょう。

その他、色々な看板はARA総合サイトへ

規格看板以外の事は(株)エーアールエー総合サイト

既製部材で費用対効果を 格安看板プランニング

TEL:042-782-0619 FAX:042-783-7008

問い合わせ対応時間 平日 9:00〜18:00 休業日 土曜・日曜・祝日

(株)ARAホールディングス
〒252-0101
神奈川県相模原市緑区町屋1-8-15

お問い合わせはこちら

HOME

規格看板のメリット 安い早いは当たり前!ARAはその一歩先をいきます

看板作りのポイント教えます!看板作り20年!看板のことを知り得たプロのサイン作りをご提案

規格看板以外の事は(株)エーアールエー総合サイト

看板屋徒然日記 ARAのblogはこちら

お手持ちの携帯電話で2次元バーコードを読み取れば、簡単に電話をかけたり、アドレス帳に登録する事ができます。
※機種により対応しない場合もございます